フォト
無料ブログはココログ

« 砺波のチューリップ | トップページ | 五箇山 続き »

2012年5月 9日 (水)

五箇山へ

砺波をあとにして五箇山へ向かいました

022_convert_20120509172953

大きな水芭蕉が・・ 水が豊かなんですね

033_convert_20120509173649

岩瀬家
合掌造りとしては一番大きなもので国指定重要文化財ということです

035_convert_20120509173927

すぐ隣には行徳寺が・・

034_convert_20120509173814

菅沼合掌造り集落より

025_convert_20120509173133

026_convert_20120509173228

そして私の大好きな朝・・ 散歩時間です
ここは小学校の敷地内・・今日は平日なんですね ごめんなさい

038_convert_20120509174133

橋の下は滝
子供達はここを通って行くのでしょうか

039_convert_20120509174240

こんな自然に囲まれているのですね

044_convert_20120509174513

045_convert_20120509174618

朝7時には町内に民謡がサイレンがわりに流れはじめました

ここは清流に恵まれ 民謡が聞こえる情緒豊かな町でした

まだ雪が残り 水芭蕉が生い茂って

イワナ 山菜が美味しくて 五箇山豆腐が美味しくて

合掌造り・・

その言葉の響きがいいです

あと相倉合掌造り集落も周りましたがマイアルバムにということで・・


« 砺波のチューリップ | トップページ | 五箇山 続き »

お出かけ」カテゴリの記事

コメント

橋の先に見える橋・・・五箇山の地形が伝わってきます。生活するのは、厳しい場所なのでしょうね。

キハ58さんへ

大きな河川、山があり
今年の大雪はどんなに大変だったことでしょう
合掌造り・・先人達の知恵を伺い知ることができます

橋がなければ孤立してしまいそうな所で
「飾り物」の家ではなく実際生活されている方も・・
ちなみにスーパー、コンビニなどは見かけませんでした。

おおっ!まさに日本昔話の世界!
いいですねぇ、こんなところでお散歩。
でもさぁ、ここにも生活があるんだよね。
不思議だよね。
この橋、この川はここに住んでいる人たちには
どんな風に毎日見えてるんだろう。
とっても不思議。
でもきれいなものはきれい。素敵な場所は素敵。

くらふぇちゃんへ

朝 公園かと思ったら小学校の敷地だった・・
この茶色の橋のむこうには・・
と渡ってみたら下は滝で体がすくんだよ
そしてそばに小学校のプールがあって
なんか不思議だった・・

しっかし河川の緑色は深い深い色してた
どうりでイワナが美味しいはずだわ

五箇山は白川郷のように観光地化されてはいないんでしょうか。
雪が溶けて春を迎えた茅葺きの家と周りの緑がいやされますね。
いつまでも静かなたたずまいを残していてほしいものです。

たかchanさんへ

初めて行った時は人が多くてビックリしました
今回は連休の終わりに行ったので静かなものです
お土産屋さんや温泉、民宿などもあるので観光地化されていると思います

ただ私の見る目がそこに暮らす人、地域性に目が行ってしまいました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 五箇山へ:

« 砺波のチューリップ | トップページ | 五箇山 続き »