フォト
無料ブログはココログ

« 春を感じて | トップページ | 感じること »

2013年1月27日 (日)

プレゼント

大雪になって除雪に追われ

「雪景色」なんて写真を撮る気にもなれなかった昨日・・

今朝は雪で通れなくなっていた道もどうにか通れるようになった。

ひとまずホっと。。


家にいて ある番組に見入ってしまった。

若年性アルツハイマーの妻を最後まで介護した男性の話・・

記憶が失われていく妻のメッセージ

「たまには強く抱きしめてほしい」。。

その言葉を受け止めた旦那さんは

妻をギュッと抱きしめる・・

そして妻の最後を看とり

「妻は私に何をプレゼントしたかったのかな」と・・

。。。。。。。。。。。。。。。

私の旦那さんがそばにいて

「あんなんならんといて~な」とポツリ・・

だけどテレビの旦那さんの言葉が身にしみたな。。

「プレゼント」かあ

修行を積んだ人でないと出てこない言葉だなあ。。


« 春を感じて | トップページ | 感じること »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

なるほど・・・・

一緒に過ごした時間、
取り返しのつかない時間、
貴重な時間・・・・

だけど、たとえ、それらの記憶が失われたとしても、
今、一緒にいることの方が・・・・か、な、

6L6jjjさんへ

まわりはともかく
記憶がなくなっていく・・
自分が誰かわからなくなってくる・・
っていうのは悲しいだろうな。。
それを受け止めてくれる人がいるというのは
幸せなんかもしれないけど
そういう状況になってみないとわからないです。
少なくてもテレビに出てた夫婦は幸せなんだろな。。

いつかうちの夫婦にも、そんな言葉が出るようになるんかしら。
この記事見てから、ちょっと考えてた。

夫婦の関係って難しい。親子の方が楽かな。
うちの夫婦がまだ10年くらいで、子が小さいからそう思うだけかな。
今のアタシはダンナ殿に、何もプレゼントしてないなぁ。
ダンナ殿からのプレゼントも、受取ってても気付いてないかも。
夫婦って不思議なご縁だよねぇ。

くらふぇちゃんへ

考えてみれば夫婦間で介護って幸せかも。。
面倒みさせてもらえて幸せって感じれたら
そういう境地に立つことができたら・・
最高のプレゼントだろな。。

青空さん、ほんまやね。
「面倒みさせてもらって」
「面倒みてほしい」
そう思えるお互いになれるってすごい幸せなことやと思う。
そんな風になるために毎日があるんかもしれんね。
楽しい日も腹立つ日も、そんな日に向かったらいいな。

くらふぇちゃんへ

2連発ありがとうございます(^^♪
ウチの旦那様は私が介護の仕事してるから
迷う事なく 自分の面倒は私がみてくれると思ってるよ。
いわゆる老後の心配はしてないということだ。
私も自然とそれを受け止めているかな。。
でも 私がみられる立場になったら・・
旦那はどうするだろう??

こんばんは
本音と建前・・・現実と理想・・・
介護についての想いは結論が出ません
自分の中で、自問自答の繰り返しです
夫婦でも、親子でも、それを受け止めることができるって
そう簡単なものじゃないと思います
そしていつもこう思います
「人間死ぬまで修行なんだ」って。。。

ききょうさんへ

仕事として付き合ってる身からは
あまり現実と理想とか考えない・・
理屈では前に出れないから。。
正直 介護される人が家族からどんな風に思われてるのか
なんとはなしにわかります。。
可愛がられてる人・・
要介護状態ということで追いやられてる人・・
いろいろです。
人それぞれです。。
確かに仕事、家庭の事を超えて
毎日が修行です。
ただ確かに言えることは
介護される身になれば
ともかく体重は軽い方がいいということ。。
自分の為にも人の為にも
体重は1㌔でも軽い方がいいと思うのです。

私は1㌔増えただけでも膝が痛くなるのだ

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プレゼント:

« 春を感じて | トップページ | 感じること »