フォト
無料ブログはココログ

書籍・雑誌

2012年10月 5日 (金)

空を見上げよう

今朝はいきなりの雨でやっと晴れ間が出てきました。

これから晴れてくるのかなって感じです

昨日は久々に大好きな本屋に立ち寄り、本を買いました。

購入したのはタイトルどおり

「空を見上げよう」(羽部恒雄著)です。


004_convert_20121005061136


「この空は、物語

この空は、愛

この空は、希望」と表紙に書いてあります。

これから楽しみにページをめくっていきたいと思います。

ちなみに

昨日の家の庭から・・


001_convert_20121005060939


002_convert_20121005061008


003_convert_20121005061039


2012年1月12日 (木)

私の本棚 2

昨日に続いて 

私の本棚には小説以外にいわゆるメッセージ性が強いというか

私のもとにじっとしていない本もたくさんあります

その中には不思議な縁を紡いでくれた本もあるし

旅に出られてまだお帰りにならない本もたくさん・・

当然 本棚におさまってなくて車の中におられたり

いつか誰かにあげようと思ってバッグの中でそのままだったり・・

(ただズボラなだけか) そんな感じです・・

まとまらないので 今日の言葉・・

日々是好日(にちにちこれこうじつ)

 どんな日もいい日だと言えますか


 朝、カーテンを開けたら、どんよりと重く雲がかかって雨がシトシト。

肌寒く、出掛けるのがおっくうになるような天気の日。

しかも午後の予定はハローワーク。

こんな天気じゃ自転車が使えないから歩いていかなきゃ。

明日はカードの支払いがあるから、お金の算段もしなくては。

あら? ストッキングが伝染している

 こんな日に「日々是好日」なんて言ってられますか?

 しかし「日々是好日」は、どんな日でも毎日は新鮮で

最高にいい日だという意味です。

 ムカつく日も悲しい日も、雨の日も風の日も、

その時のその感情や状態を大いに味わって過ごせば、

かけがいのない日になる。

新鮮な気持ちで目覚めたら、雨も楽しもう、

寒さも味わおう、ハローワークも出逢いの場だ、

お金の算段も当てがあるだけ幸せだ。

 ほのぼのとして幸せそうな字面ですが、なかなか難問です。

2012年1月11日 (水)

私の本棚

なんとなーく本棚を見てみると

一番多いのが お菓子の本・・

なんか手に取った時 幸せな気分になる

でも 多すぎるから他の場所へ・・

それからカバーがかかっているたくさんの文庫本・・

中身は開いてみないとわからない・・

それから絵が好きなのでそれ関連もたくさん・・

それからワンコのしつけ本もかなり・・

ともかく いろいろ~

その中で大切にしている本があります

「ほっとする禅語70」 著者 渡會正純 石飛博光

その中の何気なく開いた一文・・


空(くう)

縁があったから出逢った。縁がなければ?


 人との出逢いをたどってみましょう

 あの日、雨に降られなければもう少し先にある店に入るはずだった。

予定無く入った店で出逢ったのが、今目の前にいる人。

もともとこの人は私の人生にいなかった。

 モノの存在をたどってみましょう。

 婚約しなければこの指輪はここに無かった。

縁があって、トントン拍子で条件が揃って、裸だった指に、

今指輪がなにくわぬ顔で輝いている。

 世の中のことは一切が「空」。

あなたの周りの一切のものが、ほんのわずかな細い糸をたどり、

偶然を重ねてあなたの下にやってきた。

 すべてのものは実体を持たず「空」だけれど、

それは縁を紡ぐ「空」でもある。

あなたを喜ばすものも悩ませるものも、

あなたを取り巻く一切は「空」なのです。